BomBox

WordPressでのブログ運営のノウハウやWeb開発、IT関連の情報を発信

PubSubHubbub+Google XML Sitemaps

PubSubHubbub+Google XML Sitemapsでパクりに強いサイト作り

2016/08/20

PubSubHubbub+Google XML Sitemaps

WordPressでSEO対策をしている方ならご存知の「PubSubHubbub」と「Google XML Sitemaps」。

今回はこの二つのプラグインの組み合わせでパクり(コピー)サイトに強いサイトの作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなぜコピーされるとマズいのか

例えば、たった今あなたがWordPressで記事を書いて投稿したとします。それをSNS等で拡散するとします。SNSは不特定多数の人が見ますよね?もしその投稿を見た人の中にコピーブログ運営者がいてその記事をコピーし、そのコピー記事をGoogleにインデックスさせたとしたらどうなりますか?

あなたの記事がパクり記事とみなされてしまいます!!!

そんなことは絶対に許せないはずですし、コピーブログと判断されるということはGoogleからの評価が下がるということです…。ですので今回はその対策法を徹底的に解説いたします。

「PubSubHubbub」と「Google XML Sitemaps」

PubSubHubbub

PubSubHubbub - WordPress Plugins

PubSubHubbub(パブサブハブバブ)はWordPressで記事を投稿したときに瞬時にGoogleに投稿した記事を自動的に知らせてインデックスするプラグインです。クリックでダウンロードして有効化するだけで機能します。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps - WordPress Plugins

Google XML Sitemapsは全自動でウェブサイトのXMLサイトマップを生成・更新するプラグインです。XMLサイトマップとはご存知のとおりGoogleにこのサイトはどんな構造になっているのか、何のページがあるのかなどを詳細に伝えることができる優れものです。XMLサイトマップはGoogleのSearch Consoleから送信することができます。また、XMLサイトマップのファイルの場所は

http://www.example.com/sitemap.xml

になります。

これらを使うと…

  1. コピーされる前にGoogleにインデックスされる
  2. もしこれをコピーサイトがパクった場合、既に元々の記事はインデックスされているためコピーサイトが悪質なサイトとして判断される
  3. コピーサイト運営者死亡不可避

という流れです。Google XML Sitemapsはそれを補助してくれるため他の更新記事も同時にインデックスすることができます。

まとめ

今回はなんかパクりブログ運営者撃退法みたいになってしまいましたが、これはパクりのみならず様々な場面で役に立ってくれると思います。ぜひ一度実践してみてください!

 

以上、「PubSubHubbub+Google XML Sitemapsでパクりに強いサイト作り」でした。

Web開発が大好きです。主にHTML+CSS、Bootstrapを使っています。仮想通貨関連も最近はいじくりまわしている。

-WordPressプラグイン