BomBox

WordPressでのブログ運営のノウハウやWeb開発、IT関連の情報を発信

http

WordPressのURLを構造をカテゴリで分ける理由とやり方

http

ブログのパーマリンクはSEO対策をする上で非常に重要です。

 

今回はWordPressでおすすめのパーマリンク構造を紹介します。

スポンサーリンク

パーマリンク構造とは?

パーマリンク構造とは簡潔に説明すると、URLです。

BomBoxのパーマリンクは

bombox.net/カテゴリ/記事スラッグ/

という構造になっています。

*記事スラッグ…記事それぞれに割り当てられた名前。この記事のURLはbombox.net/wordpress/permalink/ なので「permalink」が記事スラッグだ。

なぜ /カテゴリー/記事スラッグ/ が良いのか

Google SEO

現在の検索エンジンはその記事が何に関係する記事なのかをURLで判断することが多々あります。WordPressのデフォルトで設定されているパーマリンクは/?p=123という番号ですが、これではURLを見ただけでは全く何の記事なのかがわかりません。

そこでパーマリンクを駆使してGoogleにその記事がどのカテゴリーに属するのかを教えてあげます。例として好きな本の紹介記事のパーマリンクを考えてみましょう。

本の紹介

/books/harry-potter/

記事スラッグに本の名前を入れるととてもわかりやすくなりますね。ちなみに記事スラッグが英語になっているのは、日本語スラッグがおすすめできないからです。理由は以下をご覧ください。

WordPress記事のURLは日本語じゃない方が良い理由とその対処法

やり方

パーマリンク構造を上記のようにする方法を解説します。

1. WordPress管理画面

WordPress管理画面メニューから[設定][パーマリンク設定]に移動します。

2. 「カスタム構造」にチェックを入れる

WordPressを始めたばかりの人や設定を変えていない方は「基本」にチェックが入っていると思うので、それをカスタム構造というものに変更します。

次に、そこにあるテキストボックスの文字を全て一旦消し、以下のテキストをコピペしてください。

/%category%/%postname%/

書き換えが終わったら[変更を保存]ボタンを押して設定を保存します。

3. カテゴリーの追加

ここはもう済んでいる方は読み飛ばして結構です。

管理画面メニューから[投稿][カテゴリー]と進みます。このような画面が出てくると思います。

WordPress - カテゴリー

名前…サイト上に表示されるカテゴリーの名前。

スラッグ…前述したとおり、カテゴリーに割り当てられるURLです。

…これを設定することで/books/magazine/ のようなURLを作成することができます。使うには、まずbooksカテゴリーを作成した上でmagazineカテゴリを作成し、親をbooksに設定しましょう。

説明…カテゴリーの説明です。お使いのテーマによってはこの説明文がカテゴリーページに反映されます。

以上の入力が完了したら[新規カテゴリーを追加]ボタンを押し、保存しましょう。

4. 記事にカテゴリーを割り当てる

管理画面メニューから[投稿][新規投稿]と進みます。

投稿画面のサイドにある「カテゴリー」から割り当てるカテゴリー名にチェックを入れましょう。

WordPress - カテゴリ割り当て

ここでパーマリンクを確認します。タイトル下のURLを確認してください。/カテゴリー/記事スラッグ/ となっていれば成功です。

books harry potter

記事の作成が完了したら[公開]ボタンを押して記事を公開しましょう。

以上で説明は終わりです。

まとめ

今回解説したパーマリンクはSEO対策でも重要ですし、閲覧者にとっても非常にわかりやすくサイトを見せられる方法の一つです。

Googleで検索したらこのように表示されます。

Google検索結果

このように階層で表示されます。パンくずリストを導入しているサイトであらばなおさらです。

パーマリンク設定を変えるだけでもアクセスアップは実現します!みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

 

以上、「WordPressのURLを構造をカテゴリで分ける理由とやり方」でした。

Web開発が大好きです。主にHTML+CSS、Bootstrapを使っています。仮想通貨関連も最近はいじくりまわしている。

-WordPress
-