BomBox

WordPressでのブログ運営のノウハウやWeb開発、IT関連の情報を発信

FlarumをSSHなしでレンタルサーバーにインストールする方法

2016/11/22

Flarum

今回はFlarum (フラルム)というPHPで動くフォーラムソフトウェアをSSHコマンドラインなしでレンタルサーバーにインストールする方法をご紹介したいと思います。具体的にはFTPだけでやります。

スポンサーリンク

Flarumとは?

Flarumはオープンソースで開発されているフォーラムソフトウェアです。AjaxとBootstrapフレームワークを活用した美しいデザインが非常に特徴的で、世界的に注目を集めています。

デモはこちらです↓

Flarumの推奨動作環境

Flarumが推奨しているサーバー環境は

  • PHP 5.5以上
  • mod_rewriteが使用可能のApache、Nginx、Lighthttpd
  • MySQL 5.5 以上

になります。また、公式ドキュメントを見てもわかることから、VPSで動作することを前提に作られているので、あまりスペックが高くないサーバー環境でも不便が出る程度にまで遅くなるということはないでしょう。

SSHなしでインストール

それではインストールを開始します。本来はインストールドキュメントを参照すればわかる通り、Composerでのインストールが推奨されていますが、レンタルサーバーは大抵SSHが使えないのでFTPの方法を解説します。用意するものは、

  • WebサーバーFTPクライアントソフトウェア
  • Zip解凍ツール

です。あとはレンタルサーバーとMySQLが必要ですが、こちらはもうすでに用意済みだと思います。

コアファイルをダウンロード

こちらからファイルをダウンロードしてください。

flarum.zipのダウンロードが完了したらZipファイルを解凍します。

ファイルの解凍が完了したら、レンタルサーバーにFTPクライアントで接続し、フォーラムサイトを公開したいURLのフォルダ直下にアップロードします。

そしてブラウザからアップロードしたURLにアクセスします。すると、こんな画面が出てくると思います。白い画面が表示されたら、PHPのバージョンを確認してください。

Flarum インストール画面

インストール項目を入力する

【サーバー環境設定】

Forum Title…その名の通り、フォーラムのタイトルです。日本語が使えます。

MySQL Host…MySQLサーバーのホストアドレスを入力します。大抵はレンタルサーバーのコントロールパネルから確認することかできます。

MySQL Database…MySQLサーバーのデータベース名を指定します。「○○_」というようにアンダーバーが付いていると思います。こちらもコントロールパネルから確認可能です。

MySQL Username…MySQLのユーザー名を指定します。こちらはレンタルサーバーに初期で付いているサブドメインの名前がそのまま流用されていることが多いです。コントロールパネルから確認できます。

MySQL Password…MySQLデータベースユーザーのパスワードです。上記で入力したユーザー名のパスワードしか利用できないのでご注意を。

Table Prefix…MySQLのテーブルプレフィックスです。WordPressでいうと「wp_」が初期設定として割り当てられています。「forum_」などでよいでしょう。

【フォーラムの設定】

Admin Username…あなた(管理者)のアカウントユーザー名です。日本語は使えません。

Admin Email…あなたのメールアドレスです。受信可能のものを指定しましょう。パスワードを紛失した際の手続きができなくなります。

Admin Password…あなたのアカウントにログインするためのパスワードです。

Confirm Password…先ほど入力したAdmin Passwordをもう一度入力してください。確認用です。

入力が終わったら、一番下にある「Install Flarum」ボタンを押してフォーラムのインストールを完了しましょう。

まとめ

Flarumは本当に良質なソフトウェアです。phpBBやFlexBBなんかと比べ物になりません。コントロールが簡単なのに柔軟性に富んでいます。

もちろんユーザーの処罰やルール板の作成、メールでの更新通知にも対応しています。

しかしまだ日本での普及が非常に浅いことから、日本語の資料は無に等しいです。唯一見つけたのはMoongiftというオープンソースのソフトウェアを紹介しているサイトが検索でヒットしただけでした。

また、このFlarumにはWordPressプラグインと同じように機能を追加できる、「Extension (エクステンション) 」というものがあって、このExtensionのインストールにはSSHが必要です (初期から同梱済みのものを除く)。 ぜひWordPressプラグインディレクトリのようなインストール方法を採用してほしいものです。

日本語のパッケージがGitなどで配布されており、誰でもインストールして有効化できるようになっているので、「英語が理解できないから日本語にしろよ!」という方は使ってみてください。

今回紹介したFlarumで、何のコミュニティを作るのも自由です。ブログを設置しているサーバーに置いてブログについてのコメントを聞く場としても活用できそうです。僕はこれからもFlarumを使い続けます!

ぜひFlarumを楽しんでくださいね!

Web開発が大好きです。主にHTML+CSS、Bootstrapを使っています。仮想通貨関連も最近はいじくりまわしている。

-オープンソース