BomBox

WordPressでのブログ運営のノウハウやWeb開発、IT関連の情報を発信

WordPress記事のURLは日本語じゃない方が良い理由とその対処法

日本語

WordPressの記事ではタイトルに日本語を入れるとURLが自動的に日本語になります。

しかし日本語のURLよりも英語のURLの方が優れていることをご存知ですか?今回は「日本語URLがいけない理由」と、それをどう対処すればよいのかを解説します。

スポンサーリンク

日本語URLの利点

日本語URLは日本人にとって非常にわかりやすいです。だってURLを見た瞬間何の記事なのかが一目瞭然ですから。

また、日本語ドメインも同じです。ドメインを見ただけですぐに何についてのサイトなのかがわかります。

日本語.com

また、日本語版WikipediaのURLに日本語が採用されたこともあってか、知名度は高くなってきています。

日本語URLの悪いところ

リンクとして認識できない

ドメインを入力しただけではSNSやブログサービス等でURLとして認識してくれません!!


そうなんです。これはどうしようもありません。これを対処するにはURLの先頭に「http://」を入れる以外方法はありません。

※http:// を付ければどんなドメインでもちゃんとURLとして認識されます。

ウェブサービス等を利用するときに「ピュニコード」という文字に変換しなければならない

Q.Punycodeとは何ですか?
英数字以外の言語で入力された文字列を、
既存のDNSサーバーでも扱えるようにするには
英数字コードへと変換が必要です。

例えば「ほげ・モゲ.jp」という日本語ドメイン名は、
Punycode変換後は「 xn--18j4d8g9gqe.jp 」というドメイン名になります。

Punycodeとは何ですか?|よくある質問|ムームードメイン

日本語ドメインがどうしても認識できない場合は、このピュニコードに変換したドメインを貼ることで同サイトにアクセスすることができます。ピュニコードはxn--○○○という形式で表わされます。

xn--○○○なんて日本語ドメインの「見ただけですぐに何についてのサイトなのかがわかる」という利点を根本的にぶっ潰してしまっています。これではせっかくの利点が台無しです。

対処法: 英数字ドメインなら希望はある

WordPressを英数字ドメインで運営しているなら記事のスラッグ(URL)を変更することで対応できます。

手順①

タイトルの下にあるボタンを押し、テキストボックスを表示させます。

WordPress - 記事URLの変え方

手順②

テキストボックス内にあるタイトル文を全て消し、英数字のものに書き換えます。URLに空白は使えないので、ハイフン(-)を使って単語ごとに区切りましょう。

書き換えが終わったら[OK]ボタンを押しましょう。これだけでOKです。

まとめ

日本語ドメインはおすすめできません。独自ドメインを買うときには英数字にしましょう。ただ、英数字だとドメイン名が長くなってしまうのであれば場合に応じて日本語ドメインを選ぶのもナシとは言い切れません。

英数字ドメインで運営していて、今まで記事のURLは日本語にしてしまっていたという方はこれを機会に改めてみましょう。

ちなみに、Googleは日本語ドメインと英数字ドメインを同等に扱うと発表しています。

 

以上、「WordPress記事のURLは日本語じゃない方が良い理由とその対処法」でした。

Web開発が大好きです。主にHTML+CSS、Bootstrapを使っています。仮想通貨関連も最近はいじくりまわしている。

-SEO対策