BomBox

WordPressでのブログ運営のノウハウやWeb開発、IT関連の情報を発信

データセンター

ワンコインでOK!人気の格安VPSサービス5選

2016/12/17

データセンター

レンタルサーバーの制限された機能では足りない!というユーザーのために、世の中にはVPSというものがあります。

VPSとは、一台のコンピュータに複数のユーザーを収容して運用することで安いコストでサーバーマシンを利用できるシステムのことです。

しかし一台のコンピュータに収容するため、一人あたりのスペックが上がると金額も上がります。すると充分な運用ができない...(´・ω・`)

そこで、今回はコストが安い格安なVPSを5つご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

コスパ最強VPS

最低プランからもオールSSDのVPS「ConoHa」

ConoHa by GMO

https://www.conoha.jp/

ConoHaはGMOが運営する格安VPSサービスです。

サービス名 ConoHa
メモリー 512MB, 1GB, 2GB, 16GB, 64GB
 OS  CentOS, Ubuntu, Debian, RedHat
スペック 100Mbps@Xeon E5
料金 630円/月〜 (初期費用無料)

ConoHaのデータセンターは東京、アメリカ、シンガポールから選択することができます。また、GeoDNSにも対応しているようですので海外向けにサービスを展開する予定の場合はかなり良い選択なのではないでしょうか。

OpenStackベースに構築されており、APIが提供されていることから、サーバー負荷に合わせたサーバーの自動増強が可能なのでDDoSによるサービス停止の対策にもなります。また、どのプランにも50GBのSSDストレージが付いてきます(無料)。

自分もココ愛用しています〜( ^ω^)و

その他のレビュー記事

400円台の超格安VPS「ServersMan@VPS」

ServersMan

http://dream.jp/vps/

ServersMan@VPSはインターネットプロバイダーのDTIが運営する恐らく日本で最も安いVPSサービスです。ディスクドライブは全てHDDになっています。なんと400円台から利用できちゃいます。

サービス名 ServersMan@VPS
メモリー 1GB, 2GB, 4GB
 OS  CentOS, Ubuntu, Debian
スペック 45Mbps@Xeon
料金 467円/月〜 (初期費用無料)

ネットワーク面に不安が少しありますが、大量の通信を行わない限り問題ないでしょう。あるサイトによると、月2万PVのサイトをServersMan@VPSで運用していても問題なく素早く表示されるとのこと。画像を多用しなければWordPressを動かしたりする環境として活用することもできそうです!

ちなみに今度ココのVPSをMinecraftサーバー用に借りる予定だったりします。

その他のレビュー記事

専用サーバーも!「さくらのVPS」

さくらのVPS

http://vps.sakura.ad.jp/

出ました。安定的と定評のある、さくらインターネットのVPS、「さくらのVPS」です!

こちらは初期費用がかかります。最低プランでも1080円かかるため、少し手軽さが少ない印象です。しかしサポートがかなり良い、しっかりした回答が返ってくるということで多くのユーザーが利用しています。

サービス名 さくらのVPS
メモリー 1GB, 2GB, 4GB, 8GB, 16GB, 32GB, 8GB(専用サーバー)
 OS  CentOS, Ubuntu, Debian, Scientific Linux, FreeBSD, Fedora
スペック 100Mbps@Xeon
料金 685円/月〜 (初期費用1080円〜)

よく見ると一ヶ月685円から!つまり、長期的に使う予定がある場合にもってこい、というわけです。あるユーザーによると、DDoS攻撃を受けても一時的に通信が遮断されるだけで、アカウントやサーバーが凍結されることはないとのこと。よりハイスペックなプランになると、SSDストレージを選択できるようになります。

また、最近さくらインターネットはこのさくらのVPSに力を入れているようで、北海道の石狩に東京とは別に新リージョンを建設したり、専用サーバープランで物理サーバー一台を丸ごと占拠できる「ベアメタルプラン」の提供を開始しています。

その他のレビュー記事

法人も利用している「カゴヤクラウドVPS」

KAGOYA CLOUD

https://www.kagoya.jp/cloud/vps/

カゴヤクラウドVPSは非常に柔軟性の高いVPSです。最大選択可能コア数が12、SSDも320GBのものがあるなど充実した構成環境を作ることができます。

サービス名 カゴヤクラウドVPS
メモリー 1GB, 2GB, 16GB, 64GB
 OS  CentOS, Ubuntu, Debian
スペック ???Mbps@Xeon E5
料金 864円/月〜 (初期費用無料)

WordPressやApache、NGINXのアプリケーションパックを導入して手間をかけずにソフトウェアをインストールできたり、より高プランになると作業代行サービスまで用意されています。また、ストレージ容量が足りなくなった場合に、追加料金はかかりますが自動的に容量を拡張する機能も提供されています。ウェブサービスの運営にもってこいのVPSでしょう。

その他のレビュー記事

最低プランから100GBも!「お名前.com VPS」

お名前.com VPS

https://www.onamae-server.com/vps/

国内では非常に大手のドメインレジストラ「お名前.com」が運営しているVPSサービスです。こちらは最低プラン (月額895円〜)から100GBという大容量HDDを利用できる、ストレージが多めのVPSになります。

サービス名 お名前.com VPS
メモリー 1GB, 2GB, 4GB, 8GB, 16GB
 OS  CentOS, Ubuntu, Debian, Fedora, FreeBSD, CoreOS Stable, Scientific Linux, Arch Linux
スペック 100Mbps@Xeon
料金 895円/月〜 (初期費用無料)

初期から使えるLinuxディストリビューションが豊富です。ストレージの容量をよく活用できる、ファイルクラウドや動画ファイルを使ったサービスを使ったりもできそうです。お名前.com 共有レンタルサーバーとは評価が逆転、そこそこ評価は良い方でした。

その他のレビュー記事

まとめ

今回は大手のものを紹介しました。最近ちまたでは海外の激安VPS・専用サーバーや、AmazonのAWSが人気のようです。VPSはroot権限が取得できるため、好きなソフトウェアをインストールして遊び倒すこともできます。アクセス数が膨大なサイトでAmazonを使うと料金は跳ね上がりますが、VPSでは定額なので心配する必要はありません。

自分は今ServersMan@VPSが気になっています。価格が安い…!!

最後に各サービスのリンクを貼っておきます。

ぜひ自分に合ったVPSを見つけてくださいね!

Web開発が大好きです。主にHTML+CSS、Bootstrapを使っています。仮想通貨関連も最近はいじくりまわしている。

-レンタルサーバー