Touch Two V5.0の商品パッケージ

左右独立型Bluetoothイヤホン「AIKAQI Touch Two V5.0」レビュー!

Amazonで売っている中華ワイヤレスBluetooth 5.0イヤホン「AIKAQI Touch Two V5.0」のが届いたのでレビューします。

小さな箱に入ってきたイヤホン。

箱はマットな仕上げ…かと思ったら普通の箱でした。触ってみたら高級感は特にありません。

Touch Two V5.0の商品パッケージ

内容物:開封してみた。

内容物:

  • ヘッドセット…1セット
  • 充電用MicroUSBケーブル…1本
  • イヤーピース: Lサイズ1セット、Mサイズ1セット(ヘッドセットに付いてる)Sサイズ1セット、合計3サイズ
  • ヘッドセット収納ボックス…1個
  • 布袋…1袋
  • 使用マニュアル…日本語版・英語版の2枚
  • 保証書…1枚

AIKAQI Touch Two V5.0の内容物

イヤホンの収納ボックス、なぜかとても安っぽい…。

プラスチック製なのですが、爪でつついてみると、カチカチなるような感じで、中身が詰まっている間はありません。あと、思ったよりも収納ボックスが大きかったです。

イヤホンを収納ボックスから取り出して置いてみたのがこんな感じ。

付けてみた!

イヤーピース、Mサイズじゃ小さかったです。なのでLサイズに取り替えました。

で、着けてみたんですが、どうもうまくいかない。マニュアルにも、どの方向で入れればいいのか書いてなかったので、Amazonの商品ページの写真を見ることにしました。すると、なんか耳にズモッって埋もれている感じに見えました。なるほど!とその埋める感じで着けてみることに。Amazonから引用したAIKAQI Touch Two V5.0の画像

めちゃめちゃ音質下がる

どうやら耳の壁にぶつかってそっちに音を出しているらしく、低音しか聞こえないという最悪の状態に。んー。

このままじゃ使い物にならないので、本来の装着方は諦め、イヤーピースのより表側にあるトゲっとしたピースを外し、自分で音楽をかけて聴いてみました。なんか頭振ったら落ちそう。使った再生端末はiPhone Xです。

お気に入りのONE OK ROCKのStand Out Fit Inを聴いた。

低音も出てて、自分が思うにはなかなか良かったと思います。どこかの100円ショップで買ったイヤホンも持っていますが、さすがに全然違いました。ただ、7,000円くらいしたSONYの有線イヤホンに比べると劣るところもあります。また、無線イヤホンなので遅延が多少あります。なのでCS:GOで遊ぶ自分はゲームには向かないかなぁ、と思いました。

自動ペアリング機能:ケースから取り出すと…

ヘッドセット収納ボックス(ケース)からイヤホンを取り出すと、1~2秒後に自動でペアリングされました。

また、どうにかすればそれぞれ左右のイヤホンを別々のデバイスに接続してそれぞれ別のものを聴けるみたいなのですが、やり方がわからなかったです。

まとめ:3,000円台のイヤホンとしては素晴らしいと思う!

執筆時(2019/01/02現在)は3,570円のこちらのイヤホン、価格相応以上にとても良い商品でした。アメリカで注文したTaoTronicsのBluetoothイヤホンも音質が良いと感じましたが、Touch Two V5.0も対抗できるレベルで良い製品だと思いました!

ではまた〜

Summary
Review Date
Reviewed Item
AIKAQI Touch Two V5.0
Author Rating
21star1stargraygraygray